古田武彦と古代史を研究する会(東京古田会)へようこそ‼

古田武彦氏は、1971年『「邪馬台国」はなかった』を上梓し古代史研究に一大センセーションを巻き起こしました。
中国史書魏志倭人伝に登場する「邪馬台国」は、ただしくは「邪馬壹(壱)国」で、九州博多湾岸に存在した、ことを論証したからです。
当会は、古田武彦氏の研究の業績と方法論に基づいて、日本の古代史を探求する集まりで、1981年に発足しました。

東京古田会の活動

月例会報告

研修旅行(史跡見学等)

古田武彦記念古代史セミナー  
 

古田武彦 主な著書

その他・書籍案内

古代史トピック



お知らせ

6月9日(日曜日)谷川氏の講演会報告

講演題目「天文学と古代史」が開催されました。(参加者30名弱)
こちらをクリック こちらをクリック こちらをクリック こちらをクリック
日本書紀の7世紀の天文観察記事・それらに類似する語彙から紐解き7世紀の日本列島の人々や勢力支配者を「天群」「地群」「泰群」と分類する事で7世紀の主流勢力が書紀の文中からも大和(ヤマト)でない事が証明出来るのでは? 講演後の質疑応答は大変盛り上がりました!!

講演資料は こちらをクリック



6月 月例会

【日 時】

令和6年6月29日(土曜日)13時~17時

【会 場】

中央区堀留町区民館 3階2号洋室  アクセスはこちらをクリック

【第一部】

1. 研究発表

①題名:大宮姫伝承を訪ねて  村田智加子氏
②題名:『和田家文書』国東半島の旅に参加して  讃井優子氏

2. 懇親会

フリートーク

【休 憩】

【第二部】

1. 勉強会

題名:古田武彦書籍解説  新保高之氏
   『失われた九州王朝』

2. 読書会

題名:日本書紀を読む  新保高之氏
   「天武天皇紀下巻」

◆会場では発表資料を用意しております。 参加費500円当日徴収させて頂きます。
◆リモート参加の方には、開催日前日までに月例会、研究会の「研究発表」資料をメールで:配信致します。 会員以外の方で資料ご希望の方は事務局にメールにてご請求下さい。



7月 和田家文書研究会

【日 時】

令和6年7月13日(土曜日)14時~17時

【会 場】

中央区明石町区民館 洋室5号  アクセスはこちらをクリック

【テーマ】

後日お知らせ



7月 月例会

【日 時】

令和6年7月27日(土曜日)13時~17時

【会 場】

中央区明石町区民館 洋室5号  アクセスはこちらをクリック

【第一部】

1. 研究発表

①題名:宇治橋断碑をめぐって  藤田隆一氏

2. 懇親会

フリートーク

【休 憩】

【第二部】

1. 勉強会

題名:古田武彦書籍解説  新保高之氏
『失われた九州王朝』

2. 読書会

題名:日本書紀を読む  新保高之氏
「天武天皇紀下巻」

◆会場では発表資料を用意しております。 参加費500円当日徴収させて頂きます。
◆リモート参加の方には、開催日前日までに月例会、研究会の「研究発表」資料をメールで:配信致します。 会員以外の方で資料ご希望の方は事務局にメールにてご請求下さい。

★その他連絡事項

令和6年度「年会費」納入と「会運営の協賛金」のお願いをしております
6月末日までにお手続をお願い申し上げます。

 

主催:古田史学の会 協力:東京古田会・多元的古代研究会
講演会  古代に真実を求めて第二十七集
      『倭国から日本国へ』  出版記念

【日 時】

令和6年7月28日(日曜日)  13時30分~16時30分

【会 場】

文京区民センター2階 2-A号室 アクセスはこちらをクリック

【講演者】

古賀達也氏
(古田史学の会代表)

多元的「天皇」号の成立
ー九州王朝の天子と諸国の天皇たちー
正木 裕チ
(古田史学に会・事務局長) 
[王朝交代]と二人の女王
ー武則天と持統ー
【参加費】

1,000円



入会案内
東京古田会は新規会員を常時募集しています。古田武彦や古代史に興味のある方、どうぞお気軽にお問合せ下さい。又、入会ご希望の方や、本会にご興味のある知人・友人の方をご紹介ください。入会希望の方は「事務局」に電話又はメールで住所・氏名等をご連絡ください。事務局へのメールは こちらをクリック
年会費は4,000円になります。

東京古田会ニュース原稿募集
東京古田会では会報「東京古田会ニュース」へ掲載する論文・小論・古代史雑感などを募集しています。住所・氏名を必ず明記のうえ500字から5,000字程度にまとめて、事務局」までメールにてお送り下さい。ただし、特定個人への中傷や古代史と無関係な場合は掲載をお断りすることがあります。予めご了承ください。また、他紙などへすでに 投稿しているものとまったく同じ内容の原稿は原則として掲載できません。 掲載の可否については編集会議で決定させていただきます。

事務局へのメールは こちらをクリック